広告収入を期待するウェブサイトの作り方とは

サイトの内容と広告を合わせよう

広告を重視したウェブサイトを制作する場合、どういったことに気を配ればいいのでしょうか。まず、サイトの中身と広告の内容を合わせることが大切です。たとえば、サイトのテーマがダイエットなのに、広告の内容がカードローンだと、広告が読者の嗜好に合っているとはいえません。そうなると、広告をクリックしてくれたり、あるいは広告を通じてサービスに申し込んでくれる人も多くならないので、広告収入はあまり期待できないことになってしまいます。

広告によっては、サイトの中身を独自に解析して、内容に合った広告を表示してくれるものもありますが、自分で広告を選ぶ場合はサイトの中身とのバランスをよく考えて選ぶようにしましょう。

コンテンツと広告のバランスが大切

次に、サイトのコンテンツと広告の割合を考えることが重要です。いくら広告をクリックしてほしいからといって、トップページの全面に広告を貼ってしまったら、読者はサイトの中身をなかなか読むことができません。テレビ番組でもCMの方が番組よりも放映時間が長いということはないように、ウェブサイトでも広告の方が割合が多いというのはあり得ません。

また、読者を騙さないようにするのも大事です。たとえば、サイトのコンテンツと思わせて外部サービスに誘導するという作りにすると、読者はがっかりして信用されなくなってしまいます。コンテンツと広告ははっきりと分けるようにして、広告をクリックするかどうかはすべて読者に任せるようにしましょう。

コーディングとはコンピューターで設計書を元にしてソースコードを作成したり、ホームページのファイルを作成したりする作業のことを言います。