新入社員は最初が肝心!研修で重要なポイントとは

新入社員の研修内容について

新入社員は社会人として学ぶべきことが多くあります。社会人として必要なビジネスマナーや仕事の進め方、業界に関する知識など即戦力として成果を出すために必要なことは多くあります。これらは知識として覚えることなので、時間をかければ誰でも備えることは可能です。それを実践に活かすためには、ロールプレイングなどで学ぶことも必要となります。さらに研修で学んだことをレポートにして提出してもらい、理解度をチェックする作業もあります。

新入社員のうちに備えておきたいこと

一般的なビジネスマナーや知識の他に、新入社員のうちにしっかりと学んで欲しいことがあります。まず自立心を持って仕事に取り組むという姿勢です。これは支持待ち社員とならないために必要なものですが、自分で目的意識を持って考え、行動するために必要なことです。さらに会社の理念を浸透させることも重要です。会社のイメージを保つためには、社員一人ひとりが同じ理念の元に考え行動することが必要です。誰に対しても、どの社員が対応しても同じ品質のサービスを提供することができるからです。

社内研修と外部研修を使い分ける

研修には社内で行うことと社外で行うものがあります。内容によってうまく使い分けることが大切です。社内では理念の浸透などそれぞれの会社でなければできないことを行います。社外では一般的なビジネスマナーを学ぶことで、効率良く習得することができるようになります。このように目的に応じて適切に行うことで、効率良く研修を行うことができます。

企業が社員のスキルアップのために行う社員研修は様々あり、まず社会人としての心構えを学ぶ新入社員向けの研修や、将来の幹部候補向けの管理者研修などがあります。