ヤバイ!スマホが壊れた時あなたはどうする?!

スマホが水没した時にやってはいけないこと

スマホの故障の原因で多いのが、トイレや水溜まりなどに落とした時の水没。しかしスマホが水没したからといって、完全に諦めてしまう必要はありません。スマホ水没時にやってはいけないいくつかの危険行為をやらなければ、修理に出すことで復活する可能性があります。まず、水没直後のスマホの電源を入れてはいけません。水没直後はスマホが正常に動くか確かめたくなるものですが、電源を入れて本体内が通電することで、浸水部分が広がってしまうかもしれません。また、ドライヤーなどで乾燥させる行為も、濡れていなかった部分まで浸水する可能性があるので厳禁です。スマホを水の中に落として慌ててしまい、本体内に入った水を振って外に出そうとする人もいますが、これも浸水部分を広げる結果になり、やってはいけない行為です。

スマホのパネルが割れたままの人はいませんか?!

スマホを使用している人の中には、フロントパネルやバックパネルが割れた状態で使用している人がいます。中でも多いのが、完全に割れてしまったら諦めて修理に出すか買い替えるのですが、ちょっとしたひび程度だと使用できなくはないので修理せずに放置してしまっているケースです。確かに少しひびが入った程度の場合、液晶や内部の重要パーツは無傷のことが多く、しばらくの間は問題なく使用できます。しかし、そのまま修理せずに放置しておくとひびが大きくなり、液晶や内部の重要パーツが湿気てくる可能性があります。さらにホコリなどの異物が入り込む可能性も高く、最終的には作動しなくなりかねないのです。

ほとんどのメーカで端末故障については1年間が無償となっているため、1年以上利用している場合のスマホ修理には実費がかかります。