まだまだ現役!ガラケー用のホームページはどうやって作る?

ガラケーのブラウザは一部のCSSを解釈できない

スマートフォンに切り替える人がかなり多くなっているとはいえ、ガラケーを利用している人はまだそれなりにいます。パソコンのブラウザと同じブラウザが利用できるスマートフォンはまだしも、ガラケーの場合、専用ブラウザがインストールされているので、ガラケーのユーザーを考慮するのであれば、ガラケー専用のレイアウトでホームページを作らなければなりません。では、ガラケー専用のホームページとはどのように作ればいいのでしょうか。

まず前提として、ガラケーのブラウザは、フルブラウザと呼ばれるものを除き、一部のCSS、Javaスクリプトしか解釈できないことが多いです。そのため、パソコンで見るウェブサイトのようにカラフルなサイト、いろいろな動きをするサイトを作ることはできません。基本的なHTMLタグを使い、文字中心のシンプルなサイトを目指すことになるでしょう。

レイアウトはシンプル、デザインは最低限に

デザイン及びレイアウトに関してですが、画面解像度が高く、フルハイビジョンの動画をそのまま表示できる機種もあるスマホと比べると、ガラケーの解像度はあまり高くありません。したがって、複雑なレイアウトでホームページを作成するのではなく、画像と本文をすべて一段で表示するシンプルなレイアウトでページを作るようにしましょう。

また、近年、対応が進んでいるSSL通信ですが、ガラケーの場合は証明書を正常に認識することができず、SSL通信できないことが少なくありません。そのため、SSLでの通信を前提にしたアドレスではなく、非SSL通信を前提にしたアドレスで内部リンクを書くようにすべきです。

ホームページ制作を行う際は、HTMLタグについての知識やサーバーの仕組みについての知識、サーバーにホームページのデータを送信するためのソフトの扱い方の知識が必要です。