業務効率化のカギ!マーケティングオートメーションの活用

マーケティングオートメーションとは?

マーケティングオートメーションとは、リードジェネレーション(見込み顧客の獲得)からリードナーチャリング(見込み顧客の育成)、育成した顧客を営業へ引き渡すまでの一連のマーケティング業務を管理・自動化する仕組みのことです。一般的には、セミナー参加や資料ダウンロードなどで見込み顧客を獲得し、Webやメールなどのチャネルで各顧客の興味・関心に合わせたコンテンツを提供し育成します。コンテンツの反応やWeb行動、顧客属性情報を掛け合わせ、各顧客の見込み度をスコアリングし、見込み度の高い顧客は営業部門に連携されます。

マーケティングオートメーション導入のメリット

導入メリットは、自動化による業務効率化と、施策効果の可視化です。顧客獲得~育成に至る施策を個別に実行するには手間と時間がかかります。マーケティングオートメーションを活用すれば、施策を自動実行できるため作業負荷を大幅に削減できるのです。また、マーケティングオートメーションは一連の施策を一つのプラットフォームで管理することができるため、レポーティング作業も効率的になり、効果を可視化しやすくなります。これにより、マーケティング担当者は、施策の改善・改良業務に集中できるのです。

マーケティングオートメーション導入の注意ポイント

リードナーチャリングを成功させるには、顧客に提供するコンテンツが必須です。コンテンツ制作が社内でできない場合には、コンテンツ制作を外注する経費を見込んでおく必要があります。継続的な優良コンテンツの提供はマーケティグオートメーション導入を成功させるカギのひとつです。導入検討の際には、コンテンツ制作の経費も考慮して予算を獲得することをおすすめします。

マーケティングオートメーションにおいて自動化の対象となるのは、大きく分けて、見込み客の“創出”“育成”“分類”“リスト管理”の4つとされています。