訪問者の閲覧環境を考えて、魅力的なホームページを作ろう!

ホームページを作るときには、訪問者のことを考える

ホームページを作るときに忘れてはいけないのが、訪問者の存在です。どれだけ工夫を凝らしてページを作成しても、見てくれる人がいなければ話になりません。見た目ばかりを重視して、独りよがりで見づらいデザインにならないように、常に第三者的な視点を持つように心がけておきましょう。

基本的なポイントとして覚えておきたいのが、文字の大きさと配色の選び方となります。この二点に関しては、ホームページを開いたときに真っ先に目に入る部分なので、特に気を使って設定するようにしましょう。文字のほうは大きすぎず小さすぎないサイズを、配色は内容が読みやすい優しい色合いを選ぶようにしておけば、失敗が少ないはずです。

スマートフォン向けの表示に対応しよう

いまや、多くの人がスマートフォンでインターネットを閲覧する時代になりました。これからホームページを作成する際には、パソコンだけではなく、スマホで表示される場合も想定しておくことが肝要です。

ホームページをスマホでも表示させる方法を、いくつか紹介しておきましょう。まずは、ページの横幅を伸縮可能にしておく方法です。最大幅を決めた上で伸縮させれば、どのような大きさの画面にも対応できます。ただし、大小両方の表示をひとつのページで設定しなければならないため、あまりデザインに融通は利きません。

もうひとつは、あらかじめパソコン用とスマホ用で、表示させるページをそれぞれ作成しておく方法です。こちらはページを作る手間が増える一方、大小それぞれの画面専用のデザインを考えられるため、より柔軟さを持たせることができます。

自分の技術力や好みに合わせて、適切な方法でホームページを作っていきましょう。

専門的な知識のない初心者もホームページ作成ツールを利用すれば、自分でホームページを作ることができます。無料で利用できる作成ツールもあるため、コストを抑えて作成をすることが可能です。