照明は経済性で選ぶ時代?LEDの特徴を理解して正しく使おう!

LEDを使うメリットと家庭に導入する際の注意点

LEDは従来の照明と比べて耐用年数が長く、消費電力量が少ないのが特徴です。そのため、長時間使用しても明度が低くならず、維持コストを低く抑えることが可能です。また、光が拡散しにくいことから一か所を明るく照らすのに適しています。製造技術の向上により、家庭用の安価なLEDが広く普及していますが、使い方を誤ると却って維持コストが上がってしまうので注意が必要です。LEDは長時間使い続けることを前提に作られているので、頻繁にスイッチを切り替える場所には不向きです。光が拡散しにくいので特定の部分を明るく照らすには最適ですが、大広間のように部屋全体を明るく照らす必要がある場所では複数のLEDを用意する必要があります。

屋外でLEDを活用する工夫

LEDは明度が高く、光が拡散しにくいことから日中の屋外でも明るく照らすことが可能です。広告看板や標識など、不特定多数の人に見てほしい掲示物を目立たせるのに向いています。LEDは他の照明と違って紫外線を放出しないことから虫が集まらないのも屋外での使用に適しているポイントの一つです。消費電力量の少なさは維持コストの削減に繋がるので、余計な支出を避けることが出来ます。

屋外用のLED照明機器は防水加工が施されている物が多いので安全に使うことが出来ます。その一方で屋内用の照明機器はそのままでは屋外で使えないので、雨水などの水分が触れないように保護カバーなどを使うことが長く使い続けるための工夫です。

ledパネルとは、フレームの枠にledライトが取り付けられているものです。蛍光灯に比べ均等に光らせることができます。